人が旅をするのは…

【人が旅をするのは、目的地に到着するためではなく、旅をするためである。】


ドイツの文豪ゲーテの言葉です。

シンプルな言葉ですが、ちょっとハッとされられました!

 

昨日に引き続き、実話に基づいた映画のお話をしようと思います。

「ゲーテの恋 ~君に捧ぐ」


サブタイトルに「若きウェルテルの悩み」とあるように、

この悲恋の体験があったからこそ、

『若きウェルテルの悩み』という名作が誕生しました。

 

そして、この本は1774年に発行されるとすぐに大ブームとなり、
主人公のウェルテルに共感した若い人たちが
服装はもちろん、
自殺までマネをするという現象が起きたんだそうです。

…そのため、いくつかの国では発行禁止になったとか…??!!

で、私がこの映画で興味深く感じたことは、


これほどまでの才能を持ったゲーテであっても、

無名の頃に原稿を送った出版社からは、

「才能がない」と言われ断られていたこと。

 

そして、ゲーテのお父さんも、

「詩など書いてないで、ちゃんと勉強しろ!」

なんて言う、とっても "普通" なお父さんだったことです!!


なので、あなたに何かやりたいことや

叶えたい夢があって、

"その道のプロ" に意見を求めても、

大して当てにならないかもしれません。


そして、身近な人に反対されたとしても、

それはきっと邪魔したいのではなく、

心配してくれているだけのこと。


この映画のラストシーンで、

作家になることを反対していたお父さんが、

人気者になってファンに囲まれているゲーテを指して

「私の息子です」と誇らしげに言うシーン。


本当に大切なことは、

親や周囲の期待に応えるのではなく、


自分の心に正直に生きることだよ!

そう、教えてくれた気がしました。

 

【人が旅をするのは、目的地に到着するためではなく、旅をするためである。】

 


第1回 ドラマティック・セミナー開催が決まりました。