あの日の声を探して

【これが戦争】


最近はDVDでの映画鑑賞が多いのですが、

どうしてもこの作品だけは

映画館で見たくて足を運びました。

1999年のチェチェン紛争で、 

ロシア軍に両親を殺され

ショックのあまり話すことが出来なくなった少年ハジと、

 

EU人権委員会の職員で、
チェチェン難民がロシア兵から受けた惨状を調査する

フランス人女性キャロル。

 

そして、ちょっとした軽はずみな行動から

運命が変わってしまうロシアの青年コーリャという
3人の物語が進行して、最後に結びつきます。

 

とにかく主人公のハジを演じた

アブドゥル・カリムくんが

表情だけで感情表現するという凄い演技力!!

 

でも、この映画で何より怖かったのは

ごくごく普通の青年だったコーリャが、

戦争という狂気の中で人間性を失っていく姿。

 

いまという時だからこそ、

戦争映画を単なる作り物として観るのではなく、

想像力を働かせ、恐怖や悲しみをリアルに感じ取ることが
平和へと繋がっていくように私は思います。

 

ドラマティック・セミナー開催決定しました!