死を考えるのは、死ぬためじゃない

【 僕が死を考えるのは、

      死ぬためじゃない。

     生きるためなんだ。 】

 

フランスの作家、

アンドレ・マルローの言葉です。

 

1985年の今日6月11日は、

世界で初めて“尊厳死” が

法的に認められた

カレン・アン・クライン事件の

カレンさんが亡くなられた日だそうです。

 


1976年、彼女の両親は植物状態のまま長く生きるより、

人口呼吸器を外すよう願い出たのですが

病院側が拒否したために裁判となり、

最終的にニュージャージー州最高裁判所は両親の訴えを認め

人工呼吸器は外されることになったのです。

 

けれど “命” とは不思議なもので、

呼吸器を外せば生きることは難しいと考えられていた彼女は、

自力で呼吸を続け、植物状態のまま人工栄養によって9年間も生きて、

1985年に肺炎で亡くなったそうです。


 

尊厳死” や “安楽死” の正否について、正直いまの私にはわかりません。

けれど少なからず “死” について考えることは、

生きていく上で大切なことだと感じます。

 

自分の中に確かにある “死” を感じたときこそ、人は本当の意味で

“生きる” ことを知るのかもしれません。

 

“死” に怯えながら、囚われて生きますか?

“死” への憧れを抱きながら、ただ生きながらえますか?

“死” はあるものと受け入れて、いまを生きいますか?

 

誰もが口に出せず迷い、悩みながら、

自分なりの答えを見出していくものなのかもしれません。

 

次回のドラマティック・セミナーでは、

日常タブーとされるような生と死についても触れながら、

本当に生きることについて、一緒に考えていきたいと思います。

 

 

中島みゆきさんのアルバム「生きていてもいいですか」の中に

「エレーン」という曲があり、

私は時折この曲を聴きながら、生きることについて考えることがあります。

 

このエレーンというのは、

彼女が売れる前に住んでいた安アパートの隣人で

何者かに殺された外国人娼婦の名前から来ています。

 

「エレーン  生きていてもいいですかと だれも問いたい… エレーン

  その答えを誰もが知ってるから だれも問えない」