“いま” “ここ” を生きる難しさ

【  僕は現実が嫌いだ。でも

  おいしいステーキを食べるのに

      これ以上の場所はない 】
  
I hate reality but it’s still the best place to get a good steak.
 
 …いかにもウディ・アレンらしい言葉です(≧∇≦) ♪
 
1908年の今日6月18日は、ブラジルに

移住を決意した781人を乗せた笠戸丸が
サントス港に到着した日ということで、
“海外移住の日” なんだそうです。
 
けれど、海の彼方に夢を馳せて船に乗り込んだ
彼らを待ち受けていたのは過酷な現実でした。。。
 
 
「誰しも現在に不満がある、それが人生というものなんだ。」

これは 「ミッドナイト・イン・パリ」という映画の中で、
主人公ギルが言うセリフです。
 
 
この映画はウディ・アレン監督で、
主人公のギルは深夜12時になると、彼が愛する “黄金時代” の
1920年代のパリへタイムスリップして、その時代に生きる
フィッツジェラルドやコール・ポーター、
ジャン・コクトーやヘミングウェイといった芸術家たちと
出会うという物語。
 
 
そしてパブロ・ピカソの恋人、アドリアナに一目惚れした彼は、

恋する彼女とパリを歩いているうちに、彼女が “黄金時代” だと
感じている1890年代へと更にタイムスリップ!
 
 
その時代にいたのはロートレックやゴーギャンで、
二人はルネサンスの時期こそ “黄金時代” だと言う…
 
 
そしてギルは大切なことに気づくのです。
「誰しも現在に不満がある、それが人生というものなんだ。」
 
 
 
私たちはつい上手くかいない現実から逃れようとして
場所を変えてみたり、過去の傷口にいたずらに触れて
殻に閉じこもってみたりしてしまいます。
 
 
レイキでも、“いま” “ここ” に生きることが重要であることを
教えていますが、言葉で言うより実際は難しいと私は感じます。
 
 
ただ、これもクセのひとつなので、
もしそんな自分に気づいたら、“あぁまた現実逃避してた!”
って、ただ受け入れていくことから始めればいいんですね。
 
 
結局何事も受け入れることからしか始まらないということを、
この映画はウディ・アレンらしい表現で伝えてくれていました。