お願いがあるんだ。君の将来を思い描いてみてほしい。

【君の将来を思い描いてみてほしい。
  30年後、40年後、

   どんな人生を歩んでいたい?】
 
 
今日6月19日は、

6(ろう)+10(ど)+9(く)...
で、朗読の日なんだそうです
 
 
“朗読” と聞いて浮かぶ映画は

「きみに読む物語」。
 



施設の中でアルツハイマーの女性に、毎日ノートに書かれた
ラブ・ストーリーを読み聞かせるところから物語が始まります。
 
 
その物語は1940年代。
アリーはお嬢様で、ノアは材木工場で働く青年。
身分違いの恋です。
 
ただ、私個人的には若い二人のラブストーリーより、
セリフの美しさと老人ホームでの二人に感動しました。
 
 
冒頭の言葉も、ノアのセリフです。
 
「1つお願いがある。君の将来を思い描いてみてほしい。
 30年後、40年後、どんな人生を歩んでいたい?
 もし俺じゃないヤツと一緒にいたいなら行けよ! 
 僕は一度、君を失ってる。
 それが君の望みなら、俺は耐えて生きていける。」
 
 
そして、こんな情熱的なセリフも…!!!
 
「僕たちは会えばケンカになるから、
 うまくやっていくのはすごく難しいと思う。
 毎日お互いの努力が必要だ。
 でも僕はそれでも努力したい。なぜなら、君が欲しいから。
 毎日、永遠に、君のすべてが欲しいから。
 二人で一緒にいたいから。」
 
 
この “永遠” と言った彼の気持ちが本気だったことを、
映画のエンディングが教えてくれます。
 
 
本当に素敵なセリフが多くて、
酔ってしまいそうな映画です(#^.^#)
 
 
「私は平凡な人生を歩んで来た男だ。
 けれど私には、ただひとつだけ人に負けないものがある。
 ただ一人の女性を、誰よりも愛してきたことだ。」